雨宿りの落書き

アクセスカウンタ

zoom RSS 舞台『オールナイトイッポン』鑑賞

<<   作成日時 : 2019/02/24 15:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 知り合いというか、中学の後輩(随分年下だが)の楠木多悶が芝居をするというので、阿佐ヶ谷まで出掛けて来た。

 阿佐ヶ谷神明宮を後にして、駅前まで戻って来た。時間は十三時になっている。開場まであと三十分、小竹夫妻は開場時間に来ると言っていたので、私もその時間には会場の「阿佐ヶ谷シアターシャイン」に行っておきたい。夜は新装オープンした「グラン・からん」に行く予定なので、昼飯も食べたいし時間が押している。
 地図を見ると、中杉通りを行くよりも、商店街を歩いたほうが近そうだ。賑やかな商店街で、食事をするところも沢山あるが、先ずは会場の場所を確認してからと思い、人通りが多くて中々進めない商店街をキョロキョロしながら10分。途中で大行列のミートソースパスタの店や、ラーメン店などを横目に、「阿佐ヶ谷シアターシャイン」を発見。ついでだから、ビデオを撮っていると、脇の方から良―く知っている赤いライダースーツの青年が映り込んできた。
 あのライダースーツと最近のロン毛、間違いなく大ちゃんだね。
 声を掛けようかと思ったけど、昼めし食いたいしなどと思いながらビデオカメラを仕舞っていたら、見失ってしまった。

画像 近くの甘味処と蕎麦などを出す店に入り、もりそばを胃に流し込む。会場まであと10分程度、スマホをいじりながら表を見ていると、小竹夫妻が角を曲がらずに商店街を通り過ぎて行った。慌ててメッセンジャーを送る。
「通り過ぎたよ、戻って」
 返信は来なかったが、まあ子供じゃないんだし、店を出てシアターの前に並んで開場を待つ。十三時三十分、小竹夫妻と合流し、二階の会場の一番後ろに陣取った。
「さっき、大ちゃん見掛けたよ」
 なんて話をしていると、マサさん浩子さん夫妻が入って来てビックリ。千葉から60km以上も離れた阿佐ヶ谷で、6人も顔見知りが出合うなんて、何だか面白い感じがする。
 開演五分前ぐらいに大ちゃんも入場し、前の席に座ったようだ。後ろから手を振っていたんだけど、気付きはしなかった。
 キャパ五十人程度だが、満席の盛況ぶりだ。

「同窓会に呼ばれなかった奴が、同じく同窓会に呼ばれなかった数人をカラオケボックスに集めて・・・」

 そんな内容の芝居だ。
 感想を言うと、「会場のキャパの割に、声がデカすぎる」というのが、第一印象。そこは、会場の大きさを考えて、少し工夫をして頂きたいところだ。
 役者さんたちは、非常に熱演していたし、話ややり取りも笑えるところも十分あり、面白く見せてもらったのだが、ストーリーという点ではもう少し何とかならなかったのかなあという印象。特に最後は、無理やり終わらせにいった感があり、少し残念な気がした。
 全体的には、面白く拝見したので高評価でいいのだが、欲を言えばキリがない。

 私はこれで芝居というものを三本観た。どれも楠木多悶出演の舞台だが、確実に言えるのは彼が役者として良い成長をしているということだ。

 阿佐ヶ谷まで、来てみれば千葉から総武各駅停車一本だし、次の機会があればまた観に来ようと思っている。
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
舞台『オールナイトイッポン』鑑賞 雨宿りの落書き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる