雨宿りの落書き

アクセスカウンタ

zoom RSS 2019年 桜花賞(G1)

<<   作成日時 : 2019/04/07 07:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 昨年の今頃は、シンザン記念からぶっつけで桜花賞に出走してくるアーモンドアイが、3着以内に入ってくれればいいなぐらいに思っていたが、蓋を開けてみれば4角最後方から豪快に差し切ってテンションがマックスだった。そんな心配をよそに、その後G1を5連勝。レース前はいつも心配なのだが、終わってみると全く危なげない勝ちっぷり。さあ行こう、日本の夢「凱旋門賞」へ。
 昨日の阪神牝馬S、自分の印の中では、☆ミッキーチャーム、×アマルフィコーストだったので、昨年のように馬連10点で買っていれば26760円の万馬券だったのだが、これが今の私のツイテいないところだ。もう一つ言うと、◎評価のラッキーライラックは、全てのファクターで◎が付いた。3角で挟まれたようにも見えたが、馬群を捌けず出て来れないで負けるなんて、石橋脩も下手になったなあ。

大阪杯の回顧
 高松宮記念が、3・12・17人気。大阪杯が9・2・4人気。人気薄に頑張られてしまうと、私の馬券の出番はない。新聞を見ているときに、妙にアルアインに引っ掛かってはいたのだが買う度胸までは無く、ワグネリアンを拾えていたので残念だった。1000mを61.3秒と絶妙に逃げたキセキが2着では、後ろからくる馬は完全に負け。直後に控えていたアルアインと真ん中より前にいたワグネリアンの位置取りの差で着順が決まった感じだ。ブラストワンピースは、騎手が乗り間違えてるよきっと。

桜花賞
 「時間が無くてやっていられない」とデータではなく自分の勘で大阪杯を予想してみたが、結局は当たらないしデータを弄らないストレスを感じたので、やはり自分なりのデータ予想を続けるつもりだ。当たらないならそれでいい、とにかくスタイルは変えないで予想することにする。

 今年大活躍、「ダノン」軍団のダノンファンタジー。2歳女王からチューリップ賞と王道を歩んできた。そして、唯一ダノンファンタジーに土を付けたグランアレグリアの闘いになれば、私の馬券の出番だと思っている。
 馬に負担を架けないアーモンドアイに倣ったのか、アクアミラビリス(エルフィンS)、グランアレグリア(朝日杯FS)、クロノジェネシス(クイーンC)フィリアプーラ(フェアリーS)、ラブズオンリーユー(白菊賞)など、2月以降走っていない馬が増えたような気がする。

 このレースは、頭数が18頭に固定された1987年以降、32回のデータを参考に、日曜日 06:36のオッズを参考に、クロス馬券の予想をしている。

 それではオッズと馬番の関係を見て行きたい。
オッズ
【単勝】
 1人気 11勝(単勝率344)
 2人気  5勝(単勝率156)
 3人気  4勝(単勝率125)
 断然1人気が有利だ。勝ち馬がいるのは13人気までだが、全体的に見ると7人気まで。
【連対】
 1人気 16連対(連対率500)
 2人気 12連対(連対率375)
 3人気  8連対(連対率250)
 4人気  7連対(連対率219)
 1人気は実に5割の連対率を誇る。単勝に加え4人気が加わってくる。連対馬がいるのは15人気までだが、こちらも7人気までと断言したい。13人気が3連対(1勝2着2回)と面白い存在だが、それほど重視する様な数字ではないと思っている。
【複勝】
 1人気 3着以内 20(複勝率625)
 2人気 3着以内 16(複勝率500)
 3人気 3着以内 11(複勝率344)
 4人気 3着以内 10(複勝率313)
 こちらも1・2人気が5割を超えて、数字的には有利に立っている。注目は、5人気が3着5回と複勝ならではの数字を出している。

馬番
【単勝】
  9番 7勝(単勝率219)
 18番 5勝(単勝率156)
  8番 4勝(単勝率125)
 ベガが印象的な大外18番だが、実は9番の方が圧倒的に勝っているのだ。大外が頑張っているのも大きな特徴ではあるが、データと記憶には乖離があることを考えよう。とはいえ、今回の9番はアクアミラビリス。現在]人気だが、これは一考必要かもしれない。注目は、18番ではなく8番。現在]で打倒ダノンファンタジーの最右翼、これは狙わない手は無い。
【連対】
  9番 8連対(連対率250)
 18番 7連対(連対率219)
【複勝】
9番 3着以内 12(複勝率372)
 段々番号が減って来たが、9番が良いということは変わらないようだ。
【死に番】
 完全死に番は、3着以内に1度も来たことが無い5番。今回は、穴っぽいところで注視していたルガールカルムが入った。

 下の予想の馬名右側の印は、クロス馬券・距離実績重視・一週間の新聞情報・前4走実績の順である。今回は、全馬を順番に並べてみた。

◎ ダノンファンタジー  ◎◎◎◎
○ グランアレグリア  〇〇〇×
▲ クロノジェネシス  ☆×▲▲
× ビーチサンバ  ×☆☆・
☆ フィリアプーラ  ・▲・・
△ アクアミラビリス  ▲・×△
  エールヴォア  ・・・・
  シゲルピンクダイヤ  ・・・・
  レッドアステル  ・・・・
  ノーブルスコア  ・△・・
  シェーングランツ  △・△・
  ルガールカルム  ・・・・
  プールヴィル  ・・・☆
  ジュランビル  ・・・・
  ノーワン  ・・・・
  アウィルアウェイ  ・・・〇
  ホウオウカトリーヌ  ・・・・
  メイショウケイメイ  ・・・・
  
 1人気が予想されるダノンファンタジーが、全てのファクターで◎となった。心配なのは、昨日の阪神牝馬Sですべてのファクター◎だったラッキーライラック8着に沈んだこと。舞台も同じ阪神の1600m、ただこのレースを勝ったのが川田騎手なので、なんとも判断がしずらいところだ。
 今回の最大惑星は、現在13人気のフィリアプーラ。これはファクターの距離実績重視が3番手評価になったので浮上してきたと思われるが、昨日の阪神牝馬Sで12人気2着に食い込んだアルマフィコーストを拾えたのは、このファクターの評価が2番手だったからだ。△を付けたアクアミラビリスが、好成績を残している馬番9なので印を入れ替えることも考えたのだが、それではデータ重視で予想している意味が無い。そのまま勝負と意気込んでみるが、吉と出るか凶と出るか全く絡まないか、本日の16時にはわかるだろう。
 今回も、3連複で勝負する。
 フォーメーション ◎ − ○▲×注△ − ○▲×注△ (10点)
 BOX      ○▲×注 (4点)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2019年 桜花賞(G1) 雨宿りの落書き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる