2019年 大坂杯(G1)

 深夜のドバイターフ、愛馬アーモンドアイの単勝に少しだけでも賭けてみるかとオッズを見ると、その時点で1.1倍。これじゃ流石に、賭ける気にならない。結果は当然の圧勝劇だったが、次は本当に凱旋門賞に行くのだろうか?
 その代りというわけではないが、愛馬ダンスディライト(母・ダンスインザムード)が阪神の未勝利戦に出て来た。買った時は1人気だったが、最終オッズは4.2倍の3人気。道中少し後ろ過ぎるかと思われたが、向こう正面でデムーロのムチが1発入り、3コーナーから追い出して何とか前を捉えられた。まあ、一つ勝てればいいでしょう。
 
高松宮記念の回顧
 モズスーパーフレアは外枠が響いたのか、先頭に立つまで随分時間が掛かってしまったように見えた。反対に、2着に食い込んだセイウンコウセイはスタートを決めて楽な手応えで逃げ馬が来るのを待っていたようだ。何だか結果に愕然として、真剣にレースを観ていないが、荒れたなあ。

大坂杯
 全く馬券が当たらないので、データを拾うのを暫く止める。当たらないからというのは少し違うのだが、「時間が無くてやってられない」というのが本当のところだ。

 アーモンドアイが代表とは言わないが、強い現4歳世代のG1馬が4頭も出て来るとは驚きである。勝つのはこの中から出て来ると私は思っている。順調なのは、有馬記念を制したブラストワンピースだろう。距離も1800~2000mの戦績は(3.0.0.0)と問題ない。鉄砲も効くし調教も万全、ただエンジンの掛りが遅いので阪神内回りがどうかというところだけが不安要素だろう。皐月賞馬エポカドーロは、ダービー2着以降3レースとも馬券に絡んでいない。前走中山記念が0.2秒差の5着、ひと叩きされて本来の粘り強さが出てくればだが、馬場が渋らない限り若干の割引は否めない感じがする。最大の謎を秘めているのがダービー馬ワグネリアンだが、強いのはわかっていても一頓挫あって休み明けでどうなんだというところ。2000mのタイムも2分を切れていない現状で、推し切れない部分の方が大きい。マイルCSを勝ったステルヴィオ、1800mまでは力を発揮しているが、やはり2000mとなると、距離が心配ではある。
 ブラストワンピースを中心に取るとすると、4歳世代に割って入るとすれば、キセキを推したい。昨年秋は逃げに転じて好走を繰り返し、秋天3着・JC2着。アーモンドアイに唯一抵抗した感がある。流石に秋4戦目となった有馬記念は5着だったが、放牧でリフレッシュして来ればこのメンバーでも引けを取らない筈だ。コースの違いはあるにせよ、メンバー中2000mのタイムは一番早いし、川田の手綱で構想は必至と見ている。
 また、地味だがG1を2着している馬が、何頭か出走して来るのも不気味で、エポカドーロ(ダービー)、キセキ(JC)、サングレーザー(秋天)、ペルシアンナイト(昨年の大阪杯・マイルCS)と、この辺りは注意が必要であると見ている。

◎ ブラストワンピース
○ キセキ
▲ ステルヴィオ
× サングレーザー
☆ ペルシアンナイト
△ ワグネリアン
  
 ワグネリアンとエアウィンザーで相当悩んだのだが、G1経験という実績では、ワグネリアンに分があると見た。また、サングレーザーとペルシアンナイトの印で悩んだが、前走金鯱賞の結果と着差でサングレーザーに重い印を打った。
 今回も、3連複で勝負する。
 フォーメーション ◎ - ○▲×注△ - ○▲×注△ (10点)
 BOX      ○▲×注 (4点)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック